HOME

当協会の推薦する公式テキストのすごさと価値

今まで日本では、例えば日足の移動平均線ひとつを取っても、5日25日線、週足なら13週26週線と言われ続けて来ました。

ところが、この設定は『誰が言い だし、誰が検証をしたものかも誰もわからないまま』多くの個人投資家が使っています。

ですが、この設定で儲けている人はいるのでしょうか?そうです。皆無なのです。

ではどれが正しい適切なMA(移動平均線)なのか?

ご入会いただくと、

当協会の推薦する当協会公式テキスト投資教材に記載されているMA(移動平均線)の位置で、
上も下もピタッと止まり、

そこが利食いや買戻し、新規売りなどの適切なポイントだと分かります。

 

当協会は米国のトレーダーやファンドマネー ジャー達が多く使用しているMAを採用しているからです。

それらすら今の我が国において教えている国内の教本は書店にも証券会社の推奨資料にもありません。

 

そうです。日本の証券会社が長年募集物中心で「買え!買える!」ばかりで、投資というものを教えずに、トレードというものを導いていないからなのです。

ましてや株を自分では買ったことの無い評論家の書いている投資解説本などはもっての他です。読んでも無意味と言えます。

むしろ我が国の個人投資家はリスクのみ負担していると言えるのです。

例えばみなさんは書店で株投資に関する本を買って勉強したことと思います。ところがそれらの本の著者はまず自分で株を買ってはいません。

株を買ったことの無い評論家たちの書いている投資本のよくある例として、

買ってから株が下がったら「ナンピンしましょう!」 とよく書いてあります。が、
これはウォール街のトレーダーの間では、「絶対にやってはいけないことと馬鹿にされ、やれば即解雇になる」やり方なのです。

こういう本を覚えていくと時間と費用の無駄どころではなく、あっという間に、数十万円~数百万円(人によっては数千万円)損をして行きます。

 そんなことの無いように、当協会の資格を受験する、または学ぶだけでも、多くの新鮮かつ高度な投資技術が学んでいける。学ぶことにより個人投資家のスキル向上が飛躍的に上がることを目指しています。

当協会刊行物や投資教材(公認テキスト)だけでなく、資格取得者の開業相談、当会主催セミナーへの参加など、

個人投資家の投資設計や開業しての 運営をサポートする様々な特典が利用できます。